【平成21年(2009年)〜平成31年(2019年)】のアイドル史

【平成のアイドル史】

【平成21年(2009年)〜平成31年(2019年)】

■平成21年(2009年)
「Believe「明日の記憶」「マイガール」「Everything」
年間ベスト5のうち4曲が嵐
※政権交代、事業仕分け「2番じゃダメなんですか?」

■平成22年(2010年)
「ヘビーローテーション」で、AKB48が大ブレイク
※食べるラー油ブーム

■平成23年(20011年)
「フライングゲット」AKB48
※AKB総選挙で、前田敦子が1位を奪還!
「私のことは嫌いでも、AKB48のことは嫌いにならないでください」
※BAY LINE GO!GO! 水曜DJに、元モーニング娘。の中澤裕子が就任
※東日本大震災

■平成24年(2012年)
AKB48公式ライバル、乃木坂46「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー
ライブが大人気となり、ももいろクローバーZ、紅白歌合戦初出場
※ポッシボーメンバー脱退か?解散危機

■平成25年(2013年)
AKB48:「恋するフォーチュンクッキー」
指原莉乃が、AKB 総選書1位に
朝ドラ「あまちゃん」ヒットで天野春子(小泉今日子):「潮騒のメモリー」もヒット
※滝川クリステルが「おもてなし」で東京オリンピックプレゼンテーション、開催決定

■平成26年(2014年)
乃木坂46「何度目の青空か?」で、トップテン入り
AKBの牙城をに食い込む
※流行語「ありのままで」ディズニー「アナと雪の女王」ヒット

■平成27年(2015年)
年間の1位〜4位がAKB48、
5位が、SKE48、
6位〜8位が乃木坂46
と、握手会ブーム
※バズーカ山寺と岡田ロビン翔子の The BAY☆LINEスタート
※「THE ポッシボー」から「チャオ ベッラ チンクエッティ」への改名を公表

■平成28年(2016年)
「サイレントマジョリティー」で、欅坂46がデビュー
SMAPが12月31日付で解散
「世界に一つだけの花」、ファンの間で購買運動が起こりトリプルミリオン300万枚の記録を達成

■平成29年(2017年)
TWICE 「One More Time」で日本でも人気に
安室奈美恵、引退を発表、最後の紅白に

■平成30年(2018年)
安室奈美恵ラストツアー、9月15日に沖縄コンベンションセンターでラストライブ
DA PUMPが「U.S.A.」が、ダサカッコいいで大ブームに
「チャオ ベッラ チンクエッティ」解散、

■平成31年〜令和元年(2019年)
嵐が、」2020年12月31日をもって活動を休止することを発表
「AKB48選抜総選挙」開催しない事を発表