【平成元年(1989年)〜平成10年(1998年)】のアイドル史

【平成のアイドル史】

【平成元年(1989年)〜平成10年(1998年)】

■平成元年(1989年)bayfmが開局
工藤静香「「黄砂に吹かれて」「嵐の素顔」
Wink「愛が止まらない」「淋しい熱帯魚」
小泉今日子「学園天国」、斉藤由貴「夢の中へ」
※バブルの真っ最中、女性は平野ノラさんみたいなファッションで、
工藤静香さんのような髪型をしていました。

■平成2年(1990年)
森高千里「道」「雨」
※流行語「オヤジギャル」「アッシー、メッシー、みつぐ君」

■平成3年(1991年)
とんねるず「情けねぇ」小泉今日子「あなたに会えてよかった」
「伝説の少女」で観月ありさがデビュー。
「Can’t Stop!! -LOVING」で、SMAPデビュー
※『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』放送
※流行語「若貴」「僕は死にましぇ〜ん」
※ジュリアナ東京オープン

■平成4年(1992年)
中山美穂&WANDS「世界中の誰よりきっと」
森高千里「私がオバさんになっても」

※流行語:きんさん・ぎんさん、冬彦さん(TBS『ずっとあなたが好きだった』)

■平成5年(1993年)
光GENJI「勇気100%」
ZARD「負けないで」「揺れる想い」で、アイドルに代わりビーイングブームに
※バズーカ山寺、The BAY☆LINEのルーツ、東京BAY LINE7300のDJに!
※のちのアイドル、岡田ロビン翔子が誕生!
※Jリーグがスタート

■平成6年(1994年)
中山美穂「ただ泣きたくなるの」
篠原涼子 with t.komuro「恋しさと せつなさと 心強さと」
※流行語「同情するならカネをくれ」ドラマ「家なき子」、安達祐実)

■平成7年(1995年)
Chase the Chance安室奈美恵
グラビアアイドルだった遠峯ありさ、小室哲哉に見いだされ
華原朋美として、「keep yourself alive」」でデビュー
※流行:アムラー
※野茂英雄メジャーリーグへ

■平成8年(1996年)
安室奈美恵、シングル「Don’t wanna cry」
鈴木雅之・菊池桃子と組み、シングル「渋谷で5時」リリース
松田聖子、シングル「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」
PUFFY、シングル「アジアの純真」でデビュー
猿岩石、シングル「白い雲のように」でデビュー
※流行:ルーズソックス、「チョベリバ / チョベリグ」
※「自分で自分をほめたい」(有森裕子、アトランタ銅)

■平成9年(1997年)
KinKi Kidsが「硝子の少年」で、デビュー
広末涼子が「MajiでKoiする5秒前」で歌手デビュー。
モーニング娘。「愛の種」5万枚手売りを達成し、メジャーデビュー決定
※流行「失楽園」たまごっち(バンダイ)

■平成10年(1998年)
モーニング娘。「モーニングコーヒー」でメジャーデビュー。
宇多田ヒカル、シングル「Automatic」でデビュー
SMAP「夜空ノムコウ」ヒット
※流行語:「だっちゅーの」(パイレーツ)